睡眠時無呼吸症候群

当院では、睡眠時無呼吸症候群の検査を行っております

次のような症状はありませんか

大きなイビキをかく、日中いつも眠い、夜間の呼吸停止
居眠り運転をよく起こしそうになる、夜間に何度も目が覚める、起床時の頭痛やだるさ

睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠中に何回も呼吸が止まり、ぐっすり眠ることができない病気です。
大きなイビキ起床時の頭痛、夜間の呼吸停止、日中に強い眠気がさすなどの症状があります。

潜在患者は人口の2〜3%といわれ、放っておくと高血圧心臓循環障害、脳循環障害などに陥るといわれております。

また、日中の眠気などのために仕事に支障をきたしたり、居眠りによる事故の発生率を高めたりするなど、社会生活に重大な悪影響を引き起こします。

しかし、治療方法も確立されておりますので、適切に検査・治療を行えば決して恐い病気できありません。



どのような検査をするの?

  • 1

    自宅でセンサを取り付け寝るだけの簡単な検査です。

  • 2

    必要に応じて精密検査を行います。

  • 3

    睡眠時無呼吸症候群と判断された場合はCPAP治療を行います。

睡眠自己チェック

下記のような状況で、うとうとしたり、眠り込んだりしてしまうことがどれくらいありますか?
最近の生活をふり返って感じたままにお答えください。
質問の中に、日びろ意識しない項目があっても、そうなった場合はどうなるかを考えてお答えください。


状況居眠りの頻度について、次の中で最も当てはまる番号を選んでください。

  • 0 = 居眠りすことはない
  • 1 = たまに居眠りしてしまう
  • 2 = ときどき居眠りしてしまう
  • 3 = 居眠りしてしまうことが多い

状況居眠りの頻度

  • 座って読書しているとき
  • テレビを見ているとき
  • 公の場で座って何もしないとき(観劇や会議など)
  • 1時間続けて車に乗せてもらっているとき
  • 状況が許す場合で、午後に横になって休息するとき
  • 座って人と話しているとき
  • アルコールを飲まずに昼食をとった後、静かに座っているとき
  • 車を運転中、交通渋滞で2〜3分停止しているとき

点数の結果

0〜4点 おめでとうございます。十分な睡眠がとれています!
5〜10点 平均的な点数です。
11点以上 眠気が強く、医師の診察を受けた方がようでしょう!

11点以上の方 は検査をお勧めします。
初診の方はお電話にてご予約をお願いしております。



SASnetQRコード

QRコードからも「SASnet」を閲覧できます。

「SASnet」はこちら

ページの上へ移動